パソコンを利用する人

解決方法を考える

誹謗中傷対策は専門的に善処することが理想の解決方法となります。個人的に誹謗中傷対策を行うことには限界があるからです。繰り返される中傷などを見つけた場合、警察に届けをすることも考えられますが、言葉による中傷のみでは警察に保護してもらうことにも限界があるからです。また、個人で誹謗中傷対策を行う場合、インターネットを利用して機器による書き込みなどを発見しても、IPアドレスが特定できない場合があります。注意したいのが、自分自身で解決を急ぐあまり書き込みをした相手に反論する内容を書き込まない方が無難です。発見した時点で証拠として残し、専門的に手順を踏んでIPアドレスの契約者を割り出していく方法が有効とされます。サイトの管理者に辿り着くことができれば削除要求を行え、場合によっては法的手段で対応することができるのです。

ネットにより様々な事柄が公開される時代です。それに伴い、本人しか知りえないことや流出するはずのない特定の事柄が、不特定多数の人々により知られ広まってしまうことがあります。その中でも事実とは異なる誹謗や中傷を織り交ぜた内容が出る事により、計り知れない被害が出てしまうことすら在ります。誹謗中傷対策を行っている専門家でも、ウィルス性のものや遠隔操作で行われた書き込みは、最終的に個人を特定できないものもあります。しかし、IPアドレスの開示請求を行い契約者を調べる事によって書き込みを行った特定の場所や、時間の割り出しが可能となっている事例もあります。それらが、法的にも効力を発揮すると共に、弁護士を依頼する場合や警察に保護を求める場合にも重要な証拠となるのです。